Category: 日常

Comment (0)  Trackback (0)

カッティングプロッタ

去年購入してからハイニューに使って以降、ほとんど稼働していない。

非常に便利な道具ではあるんだけど、色々と下準備が多くてやる気がでない。

そんなわけで、手で切り出す方法とプロッタで出力する方法のメリット・デメリットをまとめて
みようと思う。結果的にメリットの方が多ければ使用することにも繋がるので、
プラス方向へ持って行きたい。


プロッタ
メリット
非常に綺麗なラインが引ける
量産出来る
細かいラインがきっちりでる

デメリット
手順が面倒。
1:マスキングテープにデザインする
2:方眼用紙に作図する
2.5:寸法を書き出す
3:CADで作図する
4:イラレに落とす
5:プロッタで出力する
6:デザインナイフで切り出す、ヤスリがけ

完全に切断された状態で出力されるわけではないので、結局切り出し作業が必要。

人力

メリット
楽。プロッタの手順で1を行って、プラ板に貼り付けて切断。
この2つの手順で終わるのがありがたいところですね。

デメリット
無い?

プロッタを使えど、部品で出てくるわけじゃないので結局切り出し作業は必要ということになります。
だったら人力でやっても大差がない感じ。
寸法を測る作業と、作図する手間がねえ・・・。もちろん、パーツをスキャンしてその面に書いていく、
っていう方法であれば良いと思うけど。スキャンできるパーツにも限界があるわけで(平面のみ)。

せめて、書きだした図面がそのままカットされて出てくるほどの性能があれば、苦労に見合った
成果になるんでしょうが。今はまだその性能はありません。

色々書き出してみても、やっぱり手作業が一番かなと言った所。
だからカッティングプロッタってあまり普及してないんでしょうね。

同じように3Dプリンタもモデリングが必要ということで敷居は高いと思います。
あれはまぁ切り出す作業が不要で表面処理だけすれば良いから、正確なモデリングが出来る
技術力があればいいと思いますが。

なかなか機械を使いこなすのも難しいです。それに時間をかけるんだったら手でやるよ、と
なってしまうのもうなずける。

現実逃避です・・・。

Comments






プロフィール

がーべら

Author:がーべら
Twitter:@darkmatter2019
アナハイム的ブログ
プラモとゲームと日常生活を
綴っています。
→もっと詳しく

ガンプラランキング

アクセス数
スポンサー広告

↑卓上ディスプレイ。HDMI端子2つ。コタツでPS4に最適。

PS4で使用可能(PC設定後)。PS4でマウスが必要の際はコレ

PS4で使用可能。無線キーボード

↑モデラーに必見の書籍。中級者~テクニックまで簡単に説明してあります。 市販のガンプラ作成本に物足りないと感じたらこちら。

↑エポパテ、プラ板によるディテールUP中心の書籍。こちらは上級者向け。

↑超静か。アパート・、マンション暮らしはもちろん、実家暮らしでもオススメ。覚醒せよ。

↑とても共感できる本。これからも信念を持ち生活していきたい

↑炊きあがりが全然違う。もう市販のお米は食べられない。月1でお世話になっています。


123456789101112131415161718192021222324252627282902 2024