Category: 2015年作成 > バトルプロジェクト絆

Comment (0)  Trackback (0)

反省編(個人編)

さて、夢の様な日々から急に現実に戻され、当日の事を改めて思い出していたら鳥肌が
立ってきました。ちなみに当日の夜は興奮状態で、28時ぐらいまで寝付けませんでした。
まさにガンダムビルドファイターズの世界に居たような感じ。自分で作ったガンプラを操縦できるなんて
夢の様な企画でした。

当日は緊張とか開戦前のインタビューの内容考えるのでテンパッてましたが、
冷静に考えると凄い企画に参加できたんだなと。
参加者としてはとても充実した1日を過ごせ、大変満足しております。全試合負けという
情けない結果にはなってしまいましたが、3試合共全力を出すことが出来奮戦しました。
「少将↑」ということで完封されるかなと思いましたが、別段そんなこともなくいい試合になりました。
会場的にも事前に階級が表示されていれば、「少佐」が頑張ってるなーぐらいの頑張りはお伝え
出来たのではないかなと。自分の試合は見ることが出来ないので、どのくらい盛り上がっていたかは
分かりません。ただ、私は少しでも盛り上がるよう全力で戦いました。
ふぇみにーさん戦は、格VS近のタイマンで至近距離で否されていたので、ホント読み合いで負け、
腕の差が露骨に出ました。

モデラー枠なので、どちらかと言えば下手な部類に入ってしまいますが、企画を楽しむと言った意味では
一番楽しめたんじゃないかなと、個人的に思います。
モデラー歴も少し長い、絆経験も緊張で連撃ドローをミスらないぐらいの腕ということで・・・。

ちなみに機体インパクトでは、連邦ではなかなか出せません。1年戦争時のNT技術はジオンが上で
戦闘兵器もビットを投入できているのに対して、連邦はマグネット・コーティングだけです。
絆でマグネット・コーティングを実装しても再現は難しいでしょうし、何より自分のオリジナルパイロットは
オールドタイプだったので。やっぱビットはインパクト凄かったよなぁ・・・。こればかりは私の
所属勢力的に難しいと感じました。

さて、個人的な感想は長くなってしまうのでここまでにしましょう。

お、ワイの奮戦がうpされとるやんけ!



両者渾身の作品対決。なお、腕の差がありすぎてボコボコにされた模様。これが優勝者の対中将戦。
そりゃ強いわけだ。でも、ちゃんと格闘入れてモーションの確認出来るから許してください><

Comments






プロフィール

がーべら

Author:がーべら
Twitter:@darkmatter2019
アナハイム的ブログ
プラモとゲームと日常生活を
綴っています。
→もっと詳しく

ガンプラランキング

アクセス数
スポンサー広告

↑卓上ディスプレイ。HDMI端子2つ。コタツでPS4に最適。

PS4で使用可能(PC設定後)。PS4でマウスが必要の際はコレ

PS4で使用可能。無線キーボード

↑モデラーに必見の書籍。中級者~テクニックまで簡単に説明してあります。 市販のガンプラ作成本に物足りないと感じたらこちら。

↑エポパテ、プラ板によるディテールUP中心の書籍。こちらは上級者向け。

↑超静か。アパート・、マンション暮らしはもちろん、実家暮らしでもオススメ。覚醒せよ。

↑とても共感できる本。これからも信念を持ち生活していきたい

↑炊きあがりが全然違う。もう市販のお米は食べられない。月1でお世話になっています。


1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2024